FXとの出会い

このまえ偶然コンビニで出会った高校時代の友人Sと話が盛り上がった。
そいつはなんとフェラーリに乗っており、なかなか仕事がうまくいっているようだ。
自分の夢であったフェラーリに乗れてとても満足そうな彼は、実はいい話があるといってきた。
そんなわけで、後日お酒を飲むがてら居酒屋で彼と会うことにしたのだ。

彼は奢ってくれるといったが、友人に一方的に奢ってもらってはメンツというものがたたない。
まぁメンツがあるわけではないのだが。
そこでよくある居酒屋でビールを乾杯し、気づけば1時間がたっていた。
そんな酔いも回り、楽しい気分になってきたとき、彼がおもむろに語り始めた。

その内容はこうだ。
色々な投資をしてきたが、初心者にはFXが一番いい。
とりあえず失敗しても成功しても投資というものを理解していった方がいいと。
FXならパソコン・スマホ一つでできるし、1万円ぐらいで十分に取引が可能らしい。
嘘か誠かと酔っていた手前、やってみようという気持ちになりつつ家に帰宅した。

翌日、色々と調べてみたがなかなかどうして難しそうではある。
元々株は知っていたが、どうもその子まで勉強・調査する時間も取れそうになく、遠慮していた。
FXは難しそうではあるが、いやはや株ほどではなさそうだ。
仕組みはいつも見ているドル円の上がり下がりなのでイメージもつきやすし、もう少々調べてやってみよう。

実は高校ぐらいからあこがれていたのはある。
うちの学校は珍しいもので投資部というものがあり、実際の取引はしないまでも株やFXなどを仮想取引していたようだ。
部室の窓からちらりと見えたチャートはそれはかっこよかったものだ。
自分は頭が良くなかったので、そういったものとは無縁だと思っていたが、今が頑張り時ではないだろうか。

気づけば社会人10年目。
サラリーマンとしてコツコツと貯蓄もし、色々な知識もついてきた。
友人の話ではそもそも投資というものを理解・知っていくことができるいい機会であり、その知識はお前の仕事にも有益だろうというので、騙されたと思ってやってみようかとおもう。
自分の成長とやる気の継続のためにこのブログを立ち上げ、備忘録として残す。